実効再生産数が1以下で自粛なら、いつまでやるのかの基準が謎すぎる話

実際のところ、感染ピークはどうなのよ?

明日、緊急事態宣言の延長か解除かが発表のようです。

実際のところ感染ピークは収まったのでしょうか?

指標に使うのは感染者数?死亡率?

まず、テレビが大好きな感染者数でみていきましょう。

グラフには確認中を含んだ数になっていますが、基本的には減少していると読めますね。

中小企業の経営者さんたちが唇をかみちぎりながら休業して耐えて耐えた成果もあったと思います。

本当につらい一月でしたね。

アメリカがロックダウンしてても一切減少傾向が見られないのとは対照的かと思います。

日本の総感染数よりも死者が多い・・・

しかも日本より2か月遅れで感染者が出た後のこれ・・・

米各地でロックダウンへの抗議デモ、「対人距離の確保」守らず
【4月19日 AFP】米国各地で18日、新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)に対する抗議デモが行われ、大勢が参加した。

マスコミが不謹慎狩りをしてましたが、日本はこういうデモも起こさず耐えました。

補償しないと系の謎でもはありましたが。

韓国なんかは圧倒的終息してますね。

明確に切り下げているので、日本もピークしていると判断できそうな推移ですね。

足し算だけしてるとわからなくなるので、テレビは見る価値ないと思います。

他の視点でも見てみましょう

感染症の基準、再生産数

再生産数という基準があります。

基本再生産数と、実効再生産数というものがありまして、基本再生産数というのは、感染者がいない状況の中に、感染者が入って行ったときに感染する度合い、実効再生産数は、既に感染者がいると想定される場合の感染度合いと考えてください。

1を基準にして、上回っていれば増加傾向、下回っていれば減少傾向です。

現在の状況であると、実効再生産数の方が有力(無症状も多く、ある程度蔓延してる前提と考えるのが妥当のため)なのですが、5/1に行われた対策専門会議の資料

https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000627254.pdf

をみると、恐ろしい事が書かれていました。

3月後半がピークでした。

非常事態宣言が出た段階ですでに1を割り込んでいたという衝撃のグラフが出てきましたね。

近隣の件でもおおむね問題ないレベルでしたね。

文章も少し引用します。

感染者数が増加しはじめた 3 月 14 日における実効再生産数は
2.6(95%信頼区間:2.2、3.2)であった。3 月 25 日の東京都知事による外出自粛
の呼びかけの前後から、新規感染者数の増加が次第に鈍化し、その後、新規感染者
数は減少傾向に転じた。この結果、4 月 1 日時点での直近 7 日間における東京都の
倍加時間は 2.3 日(95%信頼区間:1.8,3.8)であったが、5 月 1 日時点での直近
7 日間の倍加時間は 3.8 日(95%信頼区間:2.6, 6.7)となった。また、4 月 10 日の
実効再生産数は 0.5 (95%信頼区間:0.4, 0.7)に低下し、1 を下回った。4 月 10 日
時点のみならず、引き続き、実効再生産数の水準がこのまま維持されるかを注視し
ていく必要がある。

そしてそこからひと月が経過しています。

減少傾向を示す状況に突入してから、えぐりこむように一月自粛をしてきました。

感染傾向は自粛前から減少を示しています。

それでも自粛を延長すると仮にした場合、いつ解除するのか?の基準どこに置くんだろう?という疑問がわいてきます。

 

明確な減少をみてから1月経ってて自粛延長ならいつ解除?

※政権批判に結び付けられても困ります

基準が何かということを明確にしてもらわないと、なかなか厳しいですし、また何らかの感染症が出た時に悪しき前例になると思います。

毎回保証できるほど国にお金がないのはほとんどの社会人が理解していますし、お金を刷りまくればジンバブエドルになるのが明白です。

ジンバブエドルはなぜ超絶インフレを起こしたのか?その原因は一体?
21世紀初頭からインフレが起こり、2008年の終わりには2億%もの超絶ハイパーインフレが起こったジンバブエドル通貨ですが、このようなインフレがなぜ起こったのか原因をわかりやすく検証してみました。ジンバブエの経済に何があったのでしょうか。

とりあえずは発表を待つことにしますが、よほどの理由がないと延長は意味がないように思えてしまいますね。

アンケートとってみた

ついでにTwitterでアンケートをとってみました。

実行再生産数の認識がある方がおおむね4分の1くらい。

この辺りの理解が増えてくると解決が早いのかもしれませんね。

 

投稿者プロフィール

院長
院長4F整骨院 院長
4F整骨院院長
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
趣味:読書(宮城谷昌光、歴史小説全般)、スポーツ観戦(野球:見るのは20年来広島、見てる時だけ勝てば良い派、サッカー、他メジャースポーツは守備範囲)
ズボンをよく壊す
整骨院のちゃんとした利用と、皆様の役に立つ情報発信に努めます。
たまに雑記も書くよ
お気軽にお問い合わせください

 

070-1532-1687

受付時間(平日)
10:00~20:00
(土・日・祝)
10:00~18:00

昼休みはありません

定休日:不定期

お知らせの項目に更新しております

LINEで予約、受付予定の受け取り、その他ご相談が可能です

友だち追加

ブログ
院長をフォローする
草加市 4F整骨院 土日祝受付 痛み、不調の改善のお手伝い
お電話はこちら
タイトルとURLをコピーしました