別に施術料はいくらでもよい

世間一般的に、

保険=安い

自費=高い

というイメージがありますが、自費施術に関しては、値段設定に決まりは別にないので、何なら安くても問題ありません。

ではなぜ、健康保険より高い施術料になっているのでしょうか?

それは、

通常健康保険より自費施術の方が、質か施術時間が多い

となるので、当然料金は上になります。

焼肉屋さんで、カルビより得上カルビが安いことがあり得ないのと同じ理屈です。

ただ、別にやること自体はOKなので、100円施術を謳ってるところがあっても問題はありません。

健康保険を請求してなければな!

なぜだめなのか?今日はそんな話です。

保険料金は全国均一~税金なら当たり前

整骨院では、自費専門ではない限り、健康保険を取り扱っています。

健康保険というのは、基本、国の税金に関与してきます。

支給基準も決められており、それに準じて私たちは健康保険を取り扱っています。

基準がある、という事は、

何に対していくらなのかが明確という事です。

これを割り増し割引は禁止されています。

割り増しと割引はなぜ悪いのでしょうか?

割り増しが悪い理由

国が定めた基準以上のお金をぼったくってるわけなので、当然悪いですよね。

税金に上乗せ、犯罪です。

割引が駄目な理由

同じく税金なのでダメとなります。

ただ、割引に関しては、患者さんの負担が減るから何となくいいじゃない?と思う人がいるかもしれません。

そう思う人がいる分、より悪質と言えるでしょう。

なぜ悪いかといいますと、理由は2つあります。

1つめ、ルール違反

近所に2つ整骨院があったとします。

仮に(そんなことはあまりないけど)設備や、施術者の年恰好、技術が同じだとします。

奇跡的に距離も一緒です。

ただし、A整骨院は国が定めた基準の料金、B整骨院は100円だとすると、患者さんとしては100円の方が得ではないかと考える人がでてきます。

つまり、ルール違反をした方が得する可能性があるのです。

という事でよくないです。

2つ目、不必要な通院を招く

整骨院に通っていて、月に3000円まで医療費に使える人がいるとします(細かい齟齬はスルーで)。

通常100円で通う人は、3割負担では絶無ですが、もし一回100円であれば、30日通えてしまいます。

この際、保険の請求額は変わらないので、税金が無駄に使われます。

不必要な通院を招くやり取りは違反の為、不正と考えるべきです。

100円は、広告自体がまずい

100%自費のところでは問題ありませんが、健康保険を使っている場合、100円目当てで来た人が、100円で健康保険が使えると誤認してしまう可能性があり、広告辞退すべきではありません。

学割もないよ

そう考えると、一つやってはいけないことが浮かび上がってきます。

学割

なぜか高校生割引をサイトに乗せていたり、近所の学校の生徒の窓口を割り引いているところがまだ存在しています。

完全に違法なので、もし指呼の整骨院のファンの方がいましたら、即刻修正するよう教えてあげると良いです。

キャプされて通報されたらかなりまずいです。

保険料金の値引き値上げは違法です。学割があるなら国がやってます。

そういう事です。

証拠を残すとはおろかなり

そういうことをされている方に限って、なぜか証拠駄々洩れなのが非常にまずいです。

たとえば、ラインに登録したら〇円引き

口コミ書いたらクーポン進呈

学生の料金〇円

これを放置しているという事は、

ぼくは、わたしは、ほうりつをしりません

わたしたちは、ほうりつなんてしったことじゃありません

と宣言しているようなものです。

広告を出すという事は、証拠を残すという事でもあります。

お気をつけてお使いください。

まとめ

整骨院の先生は、残念ながらルール自体知らない人がいます。

途中から国家資格化したことと、保険組合のチェックが昔はなかったこと、病院で修行していて健康保険無制限状態だった人が開業していたこと

これらの要因+αもあり、そこから情報収集をしていない人は知らないままの可能性があります。

そっと教えてあげてください。

それで開き直ったとしたら、そういう事です。

もう行かないなり通報するなりすることをお勧めします。

 

 

投稿者プロフィール

院長
院長けやきの森整骨院 代表
けやきの森整骨院院長。
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
身体に役立つ情報と、整骨院の本来のルールを発信し、間違った利用(肩こりで健康保険など)をなくし、筋肉、骨の専門家として整骨院が信頼されるよう取り組んでいる。
2017年ズボン3本破壊、チャック一回破壊(不可抗力)。
元読書家で歴史小説に目がない人。
少年・青年漫画限定で意味不明に詳しい。
同名の整骨院の活動には関与していません