今年もあと一日となりました。

私の一年間振り返っても、誰も興味ないと思うので、整骨院の仕事について、いつもより踏み込んで考えてみたいと思います。

人の役に立つ仕事である

医療の中のほんのちょっぴり一区画ですが、人の役に立つ仕事だと胸を張って言えます。

痛みに対応したり、予防のお手伝いをしたり、姿勢や動きの悩みに対応したりなど・・・

中にはプロアスリートのトレーナーをしたり、学生に帯同して全国を回ってる方もいます。

そうでない方も、多くは町のどこかで整骨院を構えて、筋肉や関節の問題に、日々向き合っています。

どういうものか知られていない仕事である

・整体師?

・マッサージ?

・保険きくところ?

・肩こり安くできるところ?

・交通事故専門って書いてあるって怪しいね

など、どういう仕事かはあまり認知はされていないようです。

整骨院自体が自分の仕事を認識していないケースもあるようで、交通事故専門員の看板なんかは、その最たるものです。

また、保険がきくのか聞かないのかというところの対応にも個人差があり、一定の理解度や、運用、発信の正確性を上げる為にも、資格免許を更新制にした方がいいように思います。

整骨院である以上は、法律的にも健康保険は必ず取り扱いますし、自費専門をうたっている整骨院もそれは同様です。

自費整骨院が陥りがちな勘違い!保険の外に自費があり、自費の中に保険がある場合があるって話

また、ありがたいことに病院同等に見てくれている方もいらっしゃいますが、病院と違って診断はできませんし、薬も出せません。

これは、原付免許では車に乗れないのと同じレベルの話なので、この差は認識してないといけません。

患者さんが評価してくれていたとしても、その線は守るべき。

出来ることはできる、できないことはできない、線引きをはっきりして、患者さんに日々発信すべきですね。

日常生活からも学べる仕事である

例えば外を歩いていて、道行く人の歩き方から。

ご飯を食べていて、隣のテーブルから聞こえてくる体の悩みから。

日常生活を送っているだけで、いろいろな人の悩みや、体の動きが情報として入ってきます。

スポーツをすれば、それをしている人の気持ちがわかり、ケガをすれば、患者さんの状況を体感できます。

何をしてても、仕事に直結するというのは、この仕事ならではかなと思います。

勉強会、セミナーもいいですが、この部分も大事にしないといけないという事を、今年は特に感じました。

結構コンサルのカモになる仕事である

社会人経験がない状態で開業するパターンもあるので、その場合は、世の中のことがわからない場合もあります。

また、ちょっと前までは、整骨院での治療法は習っても、法律や制度の部分での教育体制が確立されていなかったこともあり、

やっていいことと悪いことの区別が付かない状態で仕事を始めた人も一定数います。

そうなると、コンサルのカモになるケースも出てきます。

実は違法なことを、甘い言葉にそそのかされてやったり、その結果、患者さんに迷惑をかけ、整骨院全体の信用を貶める行為も、新聞沙汰含めて、そこそこ世間の目に触れた気がします。

確実にアウトなことをアウトと発信する→同業者の友達申請が来る→タイムラインがアウトレイジになるのループも体験したので、発信方法も考えた方がいいのかもしれませんね。

それでもいい仕事である

それでもいい仕事だと思うので、毎日楽しいです。

この手の仕事は、やる気がないと、あまりやっていてやりがいがないので、楽しいと思えてやる気が出る状態は、幸せなのかもしれません。

一生勉強である

自分の経験や年齢、知識や技術もそうですが、世の中の環境でも、皆さんの体に変化が出るケースもあります。

使っている施術方法も、全く変わらない人もいれば、変わっていく人もいます。

どちらも大事なことは、常に勉強という事で、新しいことを取り入れるのも、昔からあるものを見直すのもどちらも大切です。

それをやっていいかどうかという判断に関連するので、法律や制度の知識は毎年確認する必要もあります。

まとめ

良いお年を!

投稿者プロフィール

院長
院長けやきの森整骨院 代表
4F整骨院院長
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
趣味:読書(宮城谷昌光、歴史小説全般)、スポーツ観戦(野球:見るのは20年来広島、見てる時だけ勝てば良い派、サッカー、他メジャースポーツは守備範囲)
ズボンをよく壊す
整骨院のちゃんとした利用と、皆様の役に立つ情報発信に努めます。
たまに雑記も書くよ