整骨院で健康保険が使える症状は限られています。

実際はそのあたりが利用される方にはわかりづらいのではないかと思うので、不安の無い様、

困る事の無いように、解説していきたい、そんな記事です。

今日は第2弾、捻挫について解説します。

捻挫とは

みんな大好きwikipedia先生からの引用です。

捻挫(ねんざ)、または挫き(くじき)は、関節に関節の許容範囲を超えた動きが与えられた為におきる損傷の一つである。多くは患部に痛みと腫脹、熱感を伴う。一般用語として多用されるが、医学用語としては更に損傷部位を限局し、○○靭帯損傷ということが多い。(例:右膝前十字靭帯損傷←膝の捻挫、右母指MP関節内側側副靭帯損傷←親指の第2関節の捻挫)

形態学的にはこんな感じです。

捻挫とは文字通り関節を「捻り挫く(ねじりくじく)」事をいい、と骨を繋ぐ可動部関節周辺部位の損傷、関節を包む関節包や骨と骨を繋ぐ靭帯及び軟部組織(内臓・骨以外の総称)を損傷した状態を指す。関節に、生理的可動許容範囲を超えた動きが強要される為、関節周囲の組織の損傷は大なり小なり必ず起こる。多くは損傷に連動して患部に痛みや腫脹、熱感等の炎症を引き起こす。また、理論上、関節がある部位なら場所を限定せず全身に起こりうるが、現実的には起きやすい関節、おこりにくい関節はある。ぎっくり腰ムチウチの一部は、それぞれ腰椎・頚椎捻挫を起こした状態である。(大半は、関節ではなく単なる筋肉の障害の場合が多く、捻挫とは言わない。)

医学的にみるとこんな感じ

捻挫に陥る場所は多岐にわたる。骨は元来硬いものであるから、それらを繋ぎ支える関節部に衝撃が集まりやすく傷害を受けやすい。また関節自体動かせる範囲が決まっており、加えて継続して力のかかる動きには弱く、運動時に限らず日常生活でも捻挫はよく引き起こされる。ぎっくり腰やムチウチ症などは日常生活で起こりうる捻挫の代表例である。

捻挫は関節が可動域以上の運動を強要されることによって起こり、関節周囲の軟部組織、例えば関節を包む関節包や関節を補強する靭帯の損傷を伴う。患部に熱感や腫脹、痛みなど炎症症状が発生する。骨折靭帯断裂を伴う事があり、観察には注意が必要であり、放置すると運動障害や関節の軸変形に繋がる。

発生場所が日常使う部位で起きる為に痛みが軽快した途端治療を中止してしまう事がままある。そんな時に起こる後遺症として、関節を構成する靱帯・軟部組織が弛緩した状態で、関節を補強すべき各筋肉が弱体化している場合には、何度も同じ部分の捻挫を引き起こす、俗に言う「捻挫ぐせ」等に繋がる事もある。

捻挫治療として関節の支持性が回復するまで、すなわち炎症症状がおさまり、損傷した組織が十分回復し、関節補強の為の筋力がつくまでの間、包帯絆創膏テーピングで固定し、関節の運動を制限することが必要である。ただし、必要以上の固定はその後の関節の可動域低下を招く恐れがあるので注意が必要である。

医学用語は難しい言葉が多いですね。

ざっくりまとめると、

関節を痛めること

です。

では、関節って何でしょう?

脊椎動物ではこれは内骨格における骨同士の連結部であり、不動性結合と可動性結合とがある。など体中のいたるところにある。関節には、両骨の間に潤滑油の役目を果たす滑膜が存在する。

関節を隔てた骨同士は筋肉靱帯で結びつけられ、それらの牽引力によって曲がることができる。その動く方向、大きさはある程度決まっており、それを超える曲げ方があった場合には障害を起こす。ただし時間をかけて慣れさせれば可動範囲や方向をある程度変えることもできる。この幅は個体差も大きく、よく曲がる人は「関節が柔らかい」といわれる。これは、体操競技などでは重要な能力とされる。関節の可動幅が少ない人は怪我をしやすいともいわれる。

骨、潤滑油(滑膜)、筋肉、靭帯、後は関節を包んでいる袋的なもの(関節包)などで関節は

構成されています。

では、この関節を痛めるときは、どんな時でしょうか?

関節を痛める(捻挫)状態はこれだ!

関節を痛める、捻挫をする、というものは、以下の状態が該当します。

伸ばした

関節がみょーんと伸ばされて、構成物質である、筋肉や靭帯等を痛める状態です。

・顔を洗おうとして中腰になったときに腰をいわす

・荷物を取ろうと前のめりになって物を取った時腰をいわす

・子供を抱き上げた際に腰をいわす

・寝返りを打った時に肩を巻き込んで伸ばす

・交通事故

等が一般的な痛め方でしょうか

捻った

・足をくじく

・呼び止められて振り返ったときに首をひねる

・人生を踏み外す

・車から降りようとして腰を捻ってしまった

・躓いて、転ばないように踏ん張ったときに腰を捻って痛めた

・手をついたときに手首をいわす

・椅子に座ったまま後ろのものを取ろうとして肩を痛める

・交通事故

等が該当します。

運動中のなんやかんや

転んだり捻ったりは、運動中に良く起きやすいですよね。

スポーツや部活経験者で、捻挫をしたことがない人ってあまりいないのではないでしょうか?

同じ姿勢から動くときも危険

・ずっと座っていて急に立ち上がる時

・長い間立っていて、歩き出す瞬間

など、動き出しの際にも注意が必要です。ちょっとやらかしやすいです。

治療

ここでは、整骨院で一般的に行う施術についての説明になります。

冷却(アイシング)、固定

炎症を抑えるためにアイシングをし、テーピングや包帯、固定具などで固定をします。

あまり固定しすぎると、関節が動き方を忘れたり、別の関節に負担をかけたりという事もあるので、

一昔前よりは固定をする度合いが減ってきていると感じています。

野球肘など、使い過ぎで起きたものなんかは、冷やすことにより痛みが和らぎ、結果又使って負担をかけてしまうなどの懸念もあるので、

アイシング不要を唱える人もいますが、痛いのが収まるのは、精神衛生上大事だと当院は考えるので、アイシングをするケースが多いです。

たまーーーーーーに、「冷やすと免疫が低下して危険だからアイシングは嫌だ」、「妊娠できなくなるから嫌」などと言われることも

ありますが、10分冷やしたくらいで人生全般に影を落とすダメージはあまり考えずらいと思うので、ご安心ください。

動きの訓練

痛みによる筋肉の緊張や、靭帯を伸ばしたことによって関節の不安定感が出るので、痛みが引いた後でも、上手く患部を動かせない

という問題が出る事があります。

動きを付けた上げたり、テーピングなどを活用して、怪我をする前の動きが再現できるように訓練をします。

電気療法(物療)

血流を促したり、痛みを和らげたりの効果が期待できます。

各種手技療法

筋肉を緩めたり、関節の軸を整えたり、整骨院自慢の手技がさく裂する瞬間です。

まとめ

・捻挫はこんな感じ

・冷やすのも時には大事

 

投稿者プロフィール

院長
院長
けやきの森整骨院院長。
身体の動きや機能の話が得意
くせ毛と大柄なのに軽やかに動くからだが特徴。
ズボン破壊魔。
元読書家で歴史小説に目がない人。
少年・青年漫画限定で意味不明に詳しい