こんな場合は整骨院とマッサージ院、どちらがいいの?(某釣り記事のオマージュ)

日常の生活や仕事で疲れている方は多いですが、その症状は人それぞれです。体が凝る・痛い・重い・しびれる。症状が違うのは原因が違うからです。当然対処法も違ってきます。

今、街中には沢山のマッサージ院や整骨院がありますが、沢山ありすぎてどこへ行けばいいかわからない人も多いはず。そこで、ここでは症状ごとに、選び方を解説していきます。

 

どっちで施術を受けたほうがいい?整骨院orマッサージ院

医療類似行為をメインとする整骨院と、医療類似行為をメインとするマッサージ店では、やることが似ているようで違います。自分の症状に合わせたお店選びをしましょう。

顔のむくみ
寝すぎたり、お酒を飲んだ翌日は顔がむくみますね。これは水を飲みましょう。

片頭痛
日本人は慢性頭痛が多いですが、原因はいまだ明確になっていません。つそうなると、やはりオススメはマッサージ院か整骨院ですが、ここで1つ問題があります。それはマッサージ院、整骨院では片頭痛以外の頭痛との鑑別診断が出来ないという事です。過去に片頭痛と診断を受けている方や「私は絶対に片頭痛だ」と思っている方でも、いつの間にか別の病気が隠れていることもあります。中には慢性硬膜下血腫など、「最近軽い頭痛が続いているな」と感じていたら、実は命に関わる病気だった。なんて事もあります。
整骨院では鑑別診断をしっかり診てくれるところも多いので、最初は病院でみてもらい、手技療法をしてほしい時は実費で整骨院やマッサージ院で整骨院やマッサージ院へ。という流れが理想的ですね。
もし何かの病気による頭痛だったとしても、医療従事者の知識でもって、病院へ再度検査に行くことを勧めてくれるはずです。

首こり
首のこりは痛みを伴うことが多いので整骨院やマッサージ院で診てもらうのがいいでしょう。
人間の頭の重さはボーリングのボールと同じくらいの重さがあります。その重い頭を支えるのが首。
首の後ろ側にある頚部伸筋群は頭を支えるため、常に緊張していて疲れやすいところです。その疲労がたまることで頚椎に負担がかかると、頚椎症といって頚椎の関節そのものが炎症を起こします。
首周りは大事な神経や血管も多く、緊張を取り除くにしてもとても繊細な場所なので、炎症を起こしている場合、揉んだり叩いたりが裏目に出る場合があります。
首の筋肉は後頭部まで続いています。単純な首こりでも後頭部まで痛くなる方もいますが、場合によっては診察が必要なことがあります。

整骨院やマッサージ院の場合、施術者がごくごくまっとうな知識水準や常識を有していれば、その場合病院に行くことを勧めてくれるでしょう。

肩こり
肩こりは、単純な筋肉疲労だけではなく、身体の使い方や習慣で引き起こされることもあります。なので、生活習慣の見直しも必要です。
テレビや雑誌で肩こり解消法がたくさん紹介されていますが、それらはほぼ全て、その方法を紹介している事例に飲み効果があると思われるものです。

そもそもテレビや雑誌と同じ症状とは限らないので純粋に肩周りを揉みほぐし、滞った血流を流してあげると肩こりはラクになるとは限りません。
ただ、肩こりの原因が姿勢の悪さの場合、一度揉みほぐしラクになっても、またすぐに凝り始めてしまいます。

それを無くすために、整骨院やマッサージ院で施術を受けつつ、身体の使い方やセルフケアのアドバイスを受けるとよいかもしれません。

 

肩甲骨の痛み・違和感
肩甲骨の痛みや違和感は、いくつかの原因が考えられます。
まず多いのは筋肉を傷めている場合です。痛いのですからまずそこから考えるべきでしょう。

内臓疾患の場合もあります。当院もかつて来院された方の状態から、病院へ行くのをお勧めして、検査の結果、内臓疾患だったことも何度かあります。
超音波や電気を当ててなんでも改善、病院では診断するだけ、治せないという風説に踊らされないようにしましょう。

腰痛
腰痛は症状も原因も様々です。
原因がなく突然痛み出した腰痛は、単純な疲労やケガではない場合もありますので、整骨院、マッサージ院に行く場合はその点を術者に伝えてください。

ケガや病気でなくても、血行不良や酸欠などの要因で痛みを引き起こしているケースもあります。

病院で検査をしていれば、ケガや病気の可能性は限定、あるいは否定されるので、残った部分を自費で施術する分には、整骨院でもマッサージ院でも、信用できるところならどちらでもいいと思います。

痛み系全体に言えることですが、リラクゼーションや整体に行くと、法令遵守しているところでは施術拒否されますし、不真面目なところでは悪化することがあります。

痛みの場合は、整骨院、マッサージ院や鍼灸院。もしくは病院で診てもらってください。できれば病院>整骨院等を推奨しますが、逆の場合でも問題はありません。

転んだり捻ったりぶつけたりの場合は、整骨院か病院という形になります。

足の冷え・むくみ
これは女性に多い症状ですが、最近では男性の冷え性も増えてきていますとネタ元の人は言っています。

一度循環器系の検査を受けてみるといいかもしれません。、
冷え性とむくみの原因は同じとは限りません。もし左右の脚でむくみ方が違う場合は要注意です。下肢動脈硬化症など、循環器の病気が隠れている場合があります。これらは痛みを伴わない事も多い上に、むやみに揉むと悪化することもあるので、自分の目で見てむくみに左右差があるようでしたら、病院に行くのをお勧めします。

とはいえ、自分の左右の足を比較するのが難しい人もいると思います。

その場合や整骨院やマッサージ院でチェックしてもらって、病院に行くべきかアドバイスをもらうといいでしょう。

整体やリラクゼーションの先生は、仮に知識があっても法律上アドバイスができないため、そちらでみてもらう場合は、医療機関で問題がないと判断された後をお勧めします。

また、糖尿病など腎臓の悪い方、何かしらの薬を常用している方は運動しているかどうかに関わらず、むくみやすいと場合もあります。

主治医にまず相談してみるとよいでしょう。

【結論】どちらでもよいが、病院の選択肢も忘れずに

痛みに対応する場合は医療従事者が必要かと思いますので、マッサージ院、整骨院どちらがいい?という結論としては、上記の症状ならどちらでもよいです。

ただ、病院で検査したほうがいい場合もありますので、その場合は病院を優先しましょう。

たまに、病院では治療してくれないと叫んでいる治療院を見かけることがありますが、多分鳳凰幻魔拳にかかっていると思われるので、気にしないで結構です。

聖闘士として敗れた方々に哀悼の意を表します。

補足

マッサージは国家資格です。

たまにマッサージとリラクゼーションを混同してしまうことがあるかもしれません。

見分け方としては、マッサージ院と書いてある、マッサージ師と書いてあれば国家資格

根本改善整体師、体質改善整体師、唯一の○○を治療できる○○師と書いてあれば民間資格でマッサージができない人です。

 

投稿者プロフィール

院長
院長4F整骨院 院長
4F整骨院院長
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
趣味:読書(宮城谷昌光、歴史小説全般)、スポーツ観戦(野球:見るのは20年来広島、見てる時だけ勝てば良い派、サッカー、他メジャースポーツは守備範囲)
ズボンをよく壊す
整骨院のちゃんとした利用と、皆様の役に立つ情報発信に努めます。
たまに雑記も書くよ
お電話はこちら
タイトルとURLをコピーしました