なんでも治すブランディングもあるけれども

治療といえば、院に来てもらって、次はいつ来てもらって・・・

何でもお任せください!

みたいなイメージを持っている人もいますし、実際そういう広告媒体を持ってるコンサルの方もいます。

しかし、なんでも自分の院でうんぬんかんぬんっていうのは非常に難しい面があります。

院でやることだけが治療ではない、本日はそんな話です。

一日は24時間、治療は・・・?

浦島効果が局地的に発生していない限りは、だれしも一日は24時間です。

では、治療院に来ている時間はどのくらいでしょうか?

リラクゼーションではない限り、1時間半を超えることはまずないと思います(待ち時間はわかんないですけど)。

そうなると、残りの時間は生活があります。

仕事だったり学校だったり、まあ色々ですよね。

つまり、治療していない時間のほうが当然長いです。

そうすると、生活習慣が及ぼす影響は無視できなくなっています。

生活習慣の負荷>回復力

となれば、当然よくなる可能性は劇的に下がっていきます。

 

治療うんぬんの前に、やっておいてほしい事

・飲酒状態で来院

・寝てない状態で来院

これらは、施術効率を大幅に下げてしまいます。

治療、施術に来るということは、目的は良くなることだと思います。

それを大幅に阻害する形になってしまいますので、

施術前のお酒は飲まない

少しでも仮眠を取っておく

これらをしてみるだけでも、施術効果は変わってきます。

また、特にお酒に関して、ちゃんと意見してくれる治療院のほうが誠意があると思われますので、治療院選びの材料としても有用です。

 

コストダウン、治療の時短にも有用

生活習慣や、セルフケアを見直すだけで、平たく言うと、

治療費めっちゃ下がります

セルフケアはやらない、生活習慣も特に変えない、施術者や病院に投げっぱなしという状態は、

自分でできることも人に任せている

状態になりますので、その分のコストが発生します。

セルフケアしない分施術効果が短くなるため、頻繁に通う必要が出てきますし、

慢性化してくれば施術料は全額自費です(鍼灸、マッサージは条件付きで例外)。

自分の生活習慣を見直したり、セルフケアをすることによって、

日ごろの回復力を高め、施術効率を底上げ

することができます。

結果、回復が早まってくれば、施術回数は減り、そうなれば施術料もその分かからないです。

大事なことなのでもう一度書くと、自分でいろいろやるようになれば

治療費めっちゃ下がります

当院の患者さんからのうれしい声

※広告違反事項の、「○○してもらったら痛みが取れた!」的なものではありません。

直接言われたこともありますし、LINEでメッセージをいただいたこともありますが、もっともうれしい反応のひとつが、

自分でセルフケアをするようになって身体が楽になった!

というものです。

自分で自分を変える行動をしてもらって、それがご自身の得になる実感をされ、その感想を直接頂ける。

これほどうれしいことはありません。

そういう感想を言っていただける(施術に来ていない時にそういうことを、ご自身の時間と手間を割いてまで言っていただける)ことがありがたいですよね。

今後とも励みにしたいと思います。

まとめ

丸投げは高コスト

治療院、病院にかかる時間と料金を削減しよう

そのためには生活習慣やセルフケアを考えよう

そういうことを言ってくれるところでみてもらおう

その際に枕を売ってきたら転院しよう

 

投稿者プロフィール

院長
院長4F整骨院 院長
4F整骨院院長
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
趣味:読書(宮城谷昌光、歴史小説全般)、スポーツ観戦(野球:見るのは20年来広島、見てる時だけ勝てば良い派、サッカー、他メジャースポーツは守備範囲)
ズボンをよく壊す
整骨院のちゃんとした利用と、皆様の役に立つ情報発信に努めます。
たまに雑記も書くよ