昨日、勝手にポータルサイトに乗せられてるということが判明したため、昨日業者に電話するとともに、省庁に問い合わせてみました。昨日の記事はこちら

交通事故集客サイトに勝手に名前が載っていたよ!信頼低下ヤバス!

で、問い合わせ結果です。

厚生労働省の見解

これ系の電話って、苦情で、なんとかしろ!ってテンションで電話する人が非常に多いみたいで、とても警戒しながら話してました。

あ、取り締まれじゃなくて、法的解釈があってるか聞きたいだけなんです、って言ったとたんにすごく安心されていましたよ。

以下、見解を箇条書き。

・サイトでも違反広告は違反広告である

・しかし、現在ガイドラインの話あい中につき、今は厚生労働省としては様子見の状況

・景品表示法にはビンビンに引っかかっている

・医師はすでにこの手法はダメ

・医師がだめってことは・・・って聞いたら、「そう考えるのが普通ですよね」とのこと

まとめると、

違反だけどルールが整理されるまで様子見

ってことです。

なので、も少ししたら・・・ってことがあるかもしれません、というかあれ。

もしかしたら、残りすくない期間だからがっちり営業してるのかもですね。

※厚生労働省に改めて問合せしたところ、広告ガイドライン検討委員会は終了までの期間を後ろに倒す可能性があるとのこと

こういうポータルサイトに登録しておくと、メリットはそもそもあるのか?

個人的にはメリットはないと思います。

まず、このサイトが検索で出てこない(笑)

そして、検索で出てきたとして、交通事故って、大概相手がいる状態になると思うのですが(自損除く)、相手方からしたら、

お見舞金がもらえるサイトに登録している治療院に通うってことは、

痛くないのに金目当てで通ってんじゃないの?

って思いかねません。

輩扱いってことですね。

感情面でこじれる可能性があるので、お勧めしません。

そもそも患者さんから、

お金で釣ってくる整骨院

って思われたら結局まずいですよね。

いいか、問題の裏を読むんだ!

昨日の記事と合わせて読んでいただいてる方は気が付いたかもしれませんが、問題のサイト自体に別に怒ってないです。

信用が下がることが危惧されるため削除依頼をかけて、そもそもオッケーかどうか、厚労省に聞きましたが、これは誰でもやることです。

大事なことは、こういうことが起きまくる裏です。

無知だと思われてる

鴨と思われてる

ってことだと思います。

そう思って近づいてきてる人たちは、当然その立場なので、この人たちにどうこう思っても意味はありません。

大事なことは、そこではなくて、そう思われてる状況を変えることです。

業者をけなして終わり

自分とこの会員にアピールして終わり

じゃなくて、こういうのってルール違反だよねってみんなが考えて発信することが重要です。

 

投稿者プロフィール

院長
院長けやきの森整骨院 代表
4F整骨院院長
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
趣味:読書(宮城谷昌光、歴史小説全般)、スポーツ観戦(野球:見るのは20年来広島、見てる時だけ勝てば良い派、サッカー、他メジャースポーツは守備範囲)
ズボンをよく壊す
整骨院のちゃんとした利用と、皆様の役に立つ情報発信に努めます。
たまに雑記も書くよ