病院、治療院において、かかりつけ、相談先は常に複数持つべきです。

一つだけだと、不測の事態の時に対応してもらえない可能性があるからです。

個人的に、ケガではありませんが、正月早々そういう体験がありました。

いつも実家に自転車で帰省していて、おおむね一時間半くらいの移動時間になるのですが、今回は2か月前に実家に自転車を置いておりました。

そのため、いざ帰ろうと漕ぎ出したらば、空気が抜けてたんですよね。

これでこぎ続けるとパンクのリスクが高くなるので、空気を入れなければいけないのですが、実家の空気入れはうまく作動しない状況です。

しかし、駅前に正月にやっている自転車屋があることを知っている私は余裕をかましてそこに行きました。

更地に!

どうやら一年来ないうちに閉店していたようです。

通り道のチェーン店は正月休みです。さあどうしましょう?

ここで、少し回り道ですがこういう時にやっている家電量販店に自転車屋さんがやっていることを確認していたので、事なきを得ました。

これが、病院であれば・・・

行きつけのA病院が急用で休み

こういう時の為に頼れるB病院に行くことが出来るかどうかというのがポイントになります

困ったときに慌てて探してもなかなかうまく行きませんから、元気なうちに病院は二つ確保しておいてくださいね

投稿者プロフィール

院長
院長けやきの森整骨院 代表
けやきの森整骨院院長。
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
身体に役立つ情報と、整骨院の本来のルールを発信し、間違った利用(肩こりで健康保険など)をなくし、筋肉、骨の専門家として整骨院が信頼されるよう取り組んでいる。
2017年ズボン3本破壊、チャック一回破壊(不可抗力)。
元読書家で歴史小説に目がない人。
少年・青年漫画限定で意味不明に詳しい。
同名の整骨院の活動には関与していません