整骨院でなにが出来てできないかを端的にまとめてみます。

なるべくフィルターがかからないように心がけます。

出来ることの大きなくくり

筋肉、関節、骨にまつわるなんやかんやが、整骨院での法的根拠のある業務範囲になります。

この中に入っているものができること、入っていないものができないことって感じです。

特殊型として、内臓の調整系は、直接内臓を触っているものではない場合、筋肉、皮膚を調整した結果のものと判断し、中に入っているものと考えます。

ケガの対応

筋肉、関節、骨の問題で一番多いのが、ケガになります。

整骨院ではこれらのケガに対応することができます。

※骨折、脱臼に関しては、応急処置を除くと医師の同意が必要です。

トレーナー活動

トレーナー自体は国家資格ではありませんが、医療系の国家資格者であること、筋肉、関節のプロとして、スポーツの現場でトレーナーとして活躍されている方も多いです。

民間資格者との違いとして、ケガをした場合でも対応できる点がトレーナー活動において強みとなっています。

実績で言うと、世界で活躍するクラスのアスリートのトレーナーもいることから、トレーナーの供給元としても一定の実績があると言って差し支えないのかと。

一部、スポーツ選手はけが人とは限らないのでトレーナーは不適切だ!と誰かが言ってましたが、それは保険の話です

活動範囲とは別です。

整体関係

関節、骨のプロとして、整体の分野で活躍している方は、近年とても増えてきています。

当院もそのうちの1院です。

同業者の中には、「整骨院はケガを見るところだ、整体なんて・・・」とおっしゃる方もいます。

しかし、現状の患者さんの症状の変遷、生活環境の変化を考えた時に、ケガよりも、その前の段階、

・ケガしやすいバキバキの身体

・ケガを繰り返しやすい予防の体つくり

・労務時間が長いことにより姿勢問題が起き、それによる体調不良

にアプローチするというのはとても重要なことです。

ケガする前に、防ぐ。

そもそもケガしやすい状態を遠ざける。

ケガの対処よりも、現代において必要なことではないかと考えます。

ちなみに、整体の分野においても、筋肉、関節、骨の知識は大いに役立つため、民間で勉強してきた人よりも、スタート地点で有利な部分は多いです。

その後勉強してるかどうかである程度覆りますが・・・

介護

介護の分野でも活動が増えてきています。

機能訓練なども、筋肉や関節に精通した人間が行うことは効果が高いと思われます。

また、介護の現場で発生したけがにも対応でき、応急処置が可能な点も大きいです。

厳密には、整骨院内での介護はできないのですが、訓練施設を併設しているところも多いので、できる方に入れております。

これらが主に出来ることになります。

また指摘等ありましたら追記していきますね。

出来ないことをざっくりと

筋肉、関節、骨に関係ないことは、できない部分がでてきます。

病気の治療

病気の治療には関与できません。

ただし、別件で来ていた人を、医学知識でもって病院への通院を促すなど、橋渡しとしての役割はになっています。

エステ関係

資格不問の場所でやる分には問題ないかと思いますが、整骨院としてやるのは、業務範囲の外なのでできないに分類しました。

診断行為

医師しかできません・

なので、例えば交通事故にあわれた方で、整骨院に来たい、鍼灸院に来たい、という場合は、診断ができないため、医師と連携しているか、最低限診断を断られない環境作りが必要になります。

 

まとめ

筋肉、間接、骨にまつわることなら任せなさい

美しくなれるかは保証しません

診断は病院だけができるサンクチュアリ

投稿者プロフィール

院長
院長けやきの森整骨院 代表
けやきの森整骨院院長。
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
身体に役立つ情報と、整骨院の本来のルールを発信し、間違った利用(肩こりで健康保険など)をなくし、筋肉、骨の専門家として整骨院が信頼されるよう取り組んでいる。
2017年ズボン3本破壊、チャック一回破壊(不可抗力)。
元読書家で歴史小説に目がない人。
少年・青年漫画限定で意味不明に詳しい。
同名の整骨院の活動には関与していません