背中が原因で起こる腰痛

腰が痛かったら腰の問題を考えます。

これはおかしい事でも何でもありません。痛い場所に最初にフォーカスするのは当たり前です。

しかし、周りの状態で発生する腰痛というのもあります。

今日は、その中で背中が原因で起こる腰痛についてお伝えします。

腰と背中はどう分けようか

線を引いたラインの間を背中と定義します。

背骨は、頚の頸椎(7つ)、背中の胸椎(12個)腰の腰椎(5個)の24個からなります。

そのうちの、胸椎の部分を背中と考えてください。

肋骨がついてるのが胸椎です。

胸椎の動き

胸椎は、前後にはあまり動かず、身体をねじる動き(回旋)が得意な骨です。

前後に倒れる動き(屈む、反る)は、首や腰の方が得意です。

実際に背骨の動きは上下の骨と一緒に起こるので、首の運動にも、腰の運動にも胸椎は関与します。

そして、大事なポイントとして、胸椎は前後の動きは確かに悪いのですが、

頚や腰よりエリアが広いのです。

一個一個の骨の動きが少なくても、エリアは大きいので、ここが動かなくなると大問題です。

広大なエリアのカバーは大変なんだよ!

腰の倍以上のエリアがあるので、前後の動きが発生した場合、背中の分まで腰が頑張ってしまいます。

つまり、動きすぎてしまうのです。

こんな人は背中が原因の腰痛かも

家族とかに腰の痛い場所をもんでもらったら、後で辛くなった

ほぐしてもらった後腰が抜けたようになった

こんな人は、背中が原因の腰痛の可能性があります。

背中の分まで腰が動きすぎたので、制御しようとして腰が緊張し、結果腰が痛かったり、張ったりしていた

というような感じです。

もちろん、これは一例であって、実際には違う原因のこともあります。

ではどうするんだい

背中が原因の腰痛であれば、背中を含めて治療していく事が大事になってきます。

これで解決すればOKですが、その背中にストレスを与えているのが別の場所だったりすると、もはや

全身的に解決していく事が一番の近道の場合も出てきます。

根本をたった一つの原因に特定して、そこに一撃加えたらすべて解決、のようなことはほとんどないので、

局所(痛い場所)⇒周囲(痛い場所と関係する筋肉や関節)⇒全身と

網を広げていく感じになります。

実際にはこれは、痛みの状態を説明するときの考え方でして、実際皆さんの身体を診る時は、

局所を聞いてから、全身⇒周囲⇒局所とフォーカスしていく事が多いですね。

単独でみる事はあまりなくて、あるとしたら、シンプルな打撲くらいです。

あまりパターンで施術はしてないので、必ずこうやります(ドヤッ)みたいなのはないのですが、

どこを治療するかが明確になれば、方法はいろいろありますので、やるまでが勝負みたいなところはあるかもです。

まとめ

背中が原因で腰が痛い事があるよ

背中がやられると腰が動きすぎて痛くなる

痛みは、全身を見ての判断が大事

 

 

投稿者プロフィール

院長
院長けやきの森整骨院 代表
けやきの森整骨院院長。
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
身体に役立つ情報と、整骨院の本来のルールを発信し、間違った利用(肩こりで健康保険など)をなくし、筋肉、骨の専門家として整骨院が信頼されるよう取り組んでいる。
2017年ズボン3本破壊、チャック一回破壊(不可抗力)。
元読書家で歴史小説に目がない人。
少年・青年漫画限定で意味不明に詳しい。
同名の整骨院の活動には関与していません