四十肩、五十肩。

なんとなくイメージはできるけれど、実際何なのかよくわからない人も多いかと思います。

ざっくり肩が痛くて上がらない、夜中痛い、ってイメージでしょうか。

今日は治療の前段階として、四十肩、五十肩とはそもそも何か?をお伝えしようと思います。

五十肩とは何ぞや

英語だとforozenshoulder(凍った肩)というそうです。

実際は五十肩病とかいうものは無くて、肩関節周囲炎と言われる疾患群の通称みたいなものです。

筋損傷を肉離れというような感じでしょうか。

近年で少し定義が変わったようで、腱板損傷や石灰沈着性腱板炎も含んでいましたが、現在では、

これらの条件を満たすものが五十肩と言われています。

1肩に痛みと運動障害(直角に上げられない)がある

2患者の年齢が40歳以上

3明確な原因のないもの

この3つを満たすものを五十肩と呼んでいます。

くっついている筋肉のケガなど、原因の明確なものは含まないのがポイントです。

1行でまとめますね。

40歳以上の人が特に理由なく肩が痛くて上がらなくなったもの

が五十肩です。

症状はどんなもの

学術系は意外と文章がわかりにくいので、とっつきやすいwikipedia先生、お願いします。

最初、肩関節付近に鈍痛がおこり、腕の可動範囲の制限が起こる。次第に痛みは鋭いものになり、急に腕を動かす場合などに激痛が走るようになる。痛みのために、腕を直角以上に上げられなくなったり、後ろへはほとんど動かせないなどの運動障害が起こる。生活にも支障をきたすようになり、重症化すると、洗髪、髪をとかす、歯磨き、炊事、洗濯物を干す、電車のつり革につかまる、洋服を着る、寝返りを打つ、排便後の尻の始末などが不自由となり、日常生活に大きな困難をもたらす場合がある。軽症で済むか重症化するかの仕組みもはっきりしていない。

痛みは片方の肩だけの場合と、一方の肩が発症してしばらく経つともう片方の肩にも発症してしまう場合とがあるが、片方の肩が発症してしまうともう一方も発症する確率が高いようで、これを防止することは難しい。また、痛みのピーク時には肩の痛みに加えて、腕全体にだるさや痺れがあることも。常に腕をさすっていないと我慢できない、と訴える患者もいる。

初期の症状が始まってからピークを迎えるまで数ヶ月を要し、ピークは数週間続き次第に和らいでくる。痛みのレベルにもよるが、鋭い痛みが感じられなくなるまでに半年前後、さらにボールなど物を投げられるようになるまでには1年前後かかる。腕の可動範囲を発症前の状態までに戻せるかどうかは、痛みが緩和した後のリハビリ次第だが、多くの場合発症前の状態には戻りにくい。

 

一般的に五十肩と言われているものは、

・痛みが出ている期間が長い

・痛みのピーク到達までに時間がかかる

・悪化するかしないかの境目がハッキリしない

という特徴を持っています。

なんかこの文言見たことあるなと思ったら、柔道整復師の教科書からwikipedia先生に持ってきてる文章みたいです。

治療上覚悟しておいたほうが良い事

結構長いことかかる系の症状だという事です。

原因がわかっているもの、それこそ肩の筋肉の損傷などであれば、ある程度こんな感じとかの予測は出来ますが、

いわゆる五十肩は結構時間かかるケースも多いです。

そして、最初の数か月は、悪化する傾向にあるので、

「あそこに行ったら肩が余計上がらなくなった」

みたいなことはそれなりに起こりえます。

なので、痛みが強くなった=そこの治療が悪いとは言えないのがこの症状の泣き所です。

ほっといても痛みはなくなるけども

一応、最大2年くらいのスパンで見た時に、治療してもしなくても痛みは取れるという記事が

かつて医道の日本という治療家の人向けの会報誌に乗っていました。

ちょっとバックナンバーが見当たらないのでソースが出てこないのですが、

長生きかの毛羽痛みが取れると断言できる症状の一つです。

しかし、掘っておいた場合は、肩が上がらないまま痛みを感じないだけという状態に

陥りがちなので、原則的には治療はしておいたほうが良いと考えられます。

まとめ

原因不明な肩の痛み、それが五十肩

長いスパンで治療が必要

ほっといても痛みは消えるけど、動きに甚大な問題が残る

投稿者プロフィール

院長
院長けやきの森整骨院 代表
けやきの森整骨院院長。
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
身体に役立つ情報と、整骨院の本来のルールを発信し、間違った利用(肩こりで健康保険など)をなくし、筋肉、骨の専門家として整骨院が信頼されるよう取り組んでいる。
2017年ズボン3本破壊、チャック一回破壊(不可抗力)。
元読書家で歴史小説に目がない人。
少年・青年漫画限定で意味不明に詳しい。
同名の整骨院の活動には関与していません