手のシビレ、痺れ、しびれでお悩みの方もたくさんいらっしゃると思います。

コリ?疲れ?麻痺?なんなんだろうという方のために、

本日は痺れの解説とどういう所に行ったらよいのかを提案します。

痺れとは何ぞや

日本神経学会ではこのように痺れについて記載しています。

「しびれ」には、長く正座した後のようにジンジンする異常な感覚の場合と、手や足に力が入りにくい運動麻痺の場合とがあります。感覚の異常だけのこともあれば、運動麻痺だけのこともあります。感覚と運動の障害が同時に起こってくることもあります。手足の感覚を脳に伝える神経の経路に病気が起これば、感覚が麻痺したり、刺激されて何も触れていないのにジンジンしたりします。脳から手足を動かす命令を伝える運動神経の経路が病気で侵されると、思うように手足の筋肉に力が入らなくなったり、筋肉がやせ衰えてきたりします。いろいろな病気で感覚神経や運動神経が傷つきます。脳が侵されることもあれば、脊髄が障害されることもあります。脊髄から出て手足の筋肉や皮膚など全身に分布する末梢神経の病気でしびれが起こることもよくあります。侵される部位によって、病気の原因は実に様々です。急にしびれが起こったか、じわじわといつの間にか起こってきたかによっても病気の原因は異なります。内科の病気に伴って「しびれ」が起こることもよくあります。たとえば、糖尿病では末梢神経障害を起こしやすく、いつの間にかジンジン感が起こったり、急に痛みを伴って運動麻痺が起こることもあります。脊椎の病気、たとえば、椎間板ヘルニアや変形性脊椎症でも、脊髄や、脊髄から末梢神経が出るところ(神経根)で圧迫を起こしやすく、よく「しびれ」がみられます。脳卒中でも「しびれ」はよく出ます。

この辺は重篤な場合についての記載が多いですね。

実際このようなケースがあるので、ずっと続いていたり、しびれ以外の不調が一緒に出てれば、

一度検査を受けるのが確実だと思います。

検査を受けたほうがいい状態をまとめると、

・感覚が鈍い、又はやたら過敏

・しびれてる側の筋肉が細くなってきた

・握力が著しく落ちてる

・糖尿病などの持病がある

こういう時は検査を受けたほうが良いでしょう。

私たち整骨院に相談してもらっても結構です。

検査が第一であれば伝えますし、検査が不要であればアプローチをします。

整骨院などの治療院が考えるしびれってどういうものでしょうか?

治療院が考えるしびれ

筋肉の緊張による循環障害と考えることが多いようです。

そのなかで、やはり神経問題かどうかの鑑別はしなければいけません。

前段の引用にもありますが、感覚が極端に鈍い、又は過敏な時は要注意ですし、

しびれが出ている方が、そうでない方に比べて細くなっているような場合、

左右の握力や、MMTという、徒手筋力テストで示唆結果が出た場合は

検査を勧めます。

異常がなければ安心ですし、異常が出れば早めに分かったという事で、

対応が早くなりますから。

その辺の心配がなければ循環問題と考え、そのもとになって締め付けている部分の

緊張を取っていくことを考えます。

当院の臨床上多いのは、斜角筋の緊張です。

赤いところです。

この周りにはたくさんの血管が通っているため、締め付けによる負担も大きいです。

なので、自分達でいじるのはお勧めしません。

また、腕神経叢といって、腕の神経が集まっている部分もあるので、ここの締め付けは

しびれを生む可能性が高いと考えます。

当院では斜角筋は確実に狙い、後は締め付けがありそうなポイントを検査で

見つけ出してはやっつけていく、という事をしています。

あんまし有効ではないと思う施術

特定の手技がどうこうという事はないと思ってますが、

めっちゃ強い力で押すのは逆効果ではないかと考えます。

なぜなら、緊張しているところに強い力を加えると、反射で余計強く緊張すると

思われるからです。

先ほどの図のように、色んな血管や神経が密集しているところですから、触り方や

アプローチの仕方はかなり重要で、雑に触るとかえって悪化しかねません。

なので、自分で押したくなる時は、上の図を見て、冷静になりましょう。

一般的にしびれ関係は、末端ほど良くなるのに時間がかかる傾向があるので、

一回で全部よくなるケースは割と少ないと考えてもらった方が平和です。

地道に治療しましょう。

そういう治療が得意なところはどこ?

しびれっていうもの自体が、客観的なものではなく、主観的なものなので、

消えたか消えてないかは皆さんの自覚症状任せなところがあります。

また、広告規制等もあるので、特定の病名が超得意とか吹聴している

院も減少傾向にあり、かつ、そういう院がほんとに得意かも証明は難しいです。

オーソドックスになりますが、

・ちゃんと情報発信していて

・話を聞いてくれて

・しっかり説明してくれる

ようなところから、自分に合うところを探すのが良い、と思います。

一見遠回りですが、ちょっと時間のかかる症状だと思うので、

急がば回れ的に、治療院選ぶなら妥協せず行くとよいかなと思います。

まとめ

・不安なら検査はしておこう

・OKなら締め付け部位の治療ができるところへGO

・といってもどこだかわからないので、良さそうなとこ行って説明聞いてみる

 

投稿者プロフィール

院長
院長けやきの森整骨院 代表
けやきの森整骨院院長。
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
身体に役立つ情報と、整骨院の本来のルールを発信し、間違った利用(肩こりで健康保険など)をなくし、筋肉、骨の専門家として整骨院が信頼されるよう取り組んでいる。
2017年ズボン3本破壊、チャック一回破壊(不可抗力)。
元読書家で歴史小説に目がない人。
少年・青年漫画限定で意味不明に詳しい。
同名の整骨院の活動には関与していません