猫背や肩こりに悩む現代人は多いですが、人間の作業、特にパソコンなどのデスクワークは、肩が内側に巻いてしまう方向に力を使いがちです。

今日は、その状態を休ませる方法をお伝えします。

パソコン作業時の姿勢は

この写真(フリー素材)は極端ですが、肩が内側に向けて固定されて、前かがみになっています。

こうなると、頭が前に倒れるので、背中が引き伸ばされて、結果方も緊張します。

では、仕事中からいい姿勢をしたらどうでしょうか?

仕事になりませんよね。

なので、仕事中の姿勢はとりあえずやりたいようにすればよいかと思われます。

何もない時で、座っているときに、意識すればよいです。

ちょっとした座り方

手のひらを上に向けるだけ。

写真はわざと堅苦しくやってますが、実際はもっと楽な体制で大丈夫です。

手のひらを上に向けることで、

肩の関節が普段と逆方向に動き、姿勢も安定します。

また、肩が外方向に向かう力が働くため、深呼吸もやりやすくなります。

もちろん、立ってやってもいいですが、

ヤバいやつに思われるかも。

この圧力。

まとめ

座る

手のひらを反す

以上

おまけ

動画だと怖いですね

投稿者プロフィール

院長
院長けやきの森整骨院 代表
けやきの森整骨院院長。
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
身体に役立つ情報と、整骨院の本来のルールを発信し、間違った利用(肩こりで健康保険など)をなくし、筋肉、骨の専門家として整骨院が信頼されるよう取り組んでいる。
2017年ズボン3本破壊、チャック一回破壊(不可抗力)。
元読書家で歴史小説に目がない人。
少年・青年漫画限定で意味不明に詳しい。
同名の整骨院の活動には関与していません