メディア取材を受けました!って有料だけどな!

出版社の詐欺、と聞くとこちらを思い浮かべる方も多いと思います。 昨日割と忙しいときに電話があり、出版社から取材をしたいとの要件でした。
スタッフが最初対応してたのですが、めんどくさくなり丸投げこんな素晴らしいチャンス を逃してはいけないとの心遣いで電話を変わらされた替わってもらい、話したのですが、 忙しかったので、有料ですか?と聞かれそうですと言われたのでじゃあいいですと切って しまったのです。

面白全部でもしかしてとてもいい媒体に紹介してくれるチャンスかもしれないと思い直し
本日電話してみた次第です。 以下内容を起こしました。

電凸内容はこんな感じ

私「どうもすみません、昨日電話を頂いたものなのですが」
先方(なんか社名の前にキャッチコピーとか言ってましたが失念「はい、昨日代表の方に
結構ですと言われたのですが」
私「(根に持たれてるな)いやあ胡散臭いじゃないかああ、すみません、忙しかったので
昨日は聞く時間がなかったんですよ、でも取材を受けるチャンスが初めてなので・・・
興味本位で)やっぱり聞いてみたいと思って電話しました!(キリッ!)」
先方「そうでしたか。ではご説明します。当社は個人事業主様の情熱と事績を
インタビューを通して世間にお伝えして、なんちゃらかんちゃらです。あとなにゃかんや します」
私「そうなんですね!因みに取材はどのようなものなのでしょうか?」

先方「はい40分ほどインタビューを受けて頂きまして、インタビュアーとして派遣します。
芸能人(まあまあ知名度がある人男女一名づつ。実名だしていいかわからないので伏せます)と写真をとります。

その内容を基に記事を作成するという流れです。」

私「ああそうなんですね。取材に来てもらった挙句芸能人の方まで!それはすごいですね(棒読み)」

先方「はい、ですので取材費が発生します

私「ありがとうございます。そのうえ取材費までいただけるのですね(しれっ)」

先方「いえ・・・そちらの負担なんですが・・・」

私「え!?こちらから頼んでもないのに有料なんですか!?」

先方「どうしても芸能人の方のギャラが発生してしまうのでそちらだけ社長様方皆様に負担して頂いております」

私「そうなんですね・・・ちなみに取材日はいつですか?」

先方「明日の枠はいっぱいですので、先生の地域に行く予定は明後日となっております」

私「わかりました。もし申し込む場合は30分以内に電話しますね!ちょっとお受けできない場合いろいろ聞いて挙句御断りの電話をするのも心苦しいので、その場合は電話しませんので。 因みに、なぜ初対面の私に取材を?」

先方「HPみまして」

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
会話終了ポイントとしては、

・こちらはもともと取材して貰いたい
訳ではない
・向こうからの申し出である
・面識ゼロ。サイトで対象を決めてる

・にも関わらず金を要求された

もう良いですね?

これで取材受けたって言ったらインチキだ―!

これに乗っかってメディア掲載!とかサイトに載せたら恥ずかしく、
握手写真とか載せたらなお恥ずかしく、
かえって信頼を失うサイトになりそうです。
流石に舞い上がって応じたりはしませんが、逆に、会いたい芸能人だったらお金払うのもありかもしれません。
検索した感じでは、社名の段階で笑いが起きてるレベルなので、多分、
箔はつきません。
話から推察するに、地域にローラー営業かけてるようなので、何箇所か回って特集的な感じかもしれません。

優良誤認に引っかかるぜよ

優良誤認とは、

景品表示法第5条第1号は、事業者が、自己の供給する商品・サービスの取引において、その品質、規格その他の内容について、一般消費者に対し、

  1. (1)実際のものよりも著しく優良であると示すもの
  2. (2)事実に相違して競争関係にある事業者に係るものよりも著しく優良であると示すもの

であって、不当に顧客を誘引し、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれがあると認められる表示を禁止しています(優良誤認表示の禁止)。

具体的には、商品・サービスの品質を、実際よりも優れていると偽って宣伝したり、競争業者が販売する商品・サービスよりも特に優れているわけではないのに、あたかも優れているかのように偽って宣伝する行為が優良誤認表示に該当します。

なお、故意に偽って表示する場合だけでなく、誤って表示してしまった場合であっても、優良誤認表示に該当する場合は、景品表示法により規制されることになりますので注意が必要です。(消費者庁より)

他の競合他社(他者)に比べて、著しく優良であるように見せかけることです。
芸能人が来ている、元アスリートが来ていると思わせることにより、いい治療院ではないかと錯覚させるのがアウトです。
実際来てるじゃないかという人もいるかもしれません。
実際来ているなら、なおさらまずいです。
院の中で有名人と自分が握手している写真なんて出すってことはですよ?
守秘義務なんか守る気がさらさらない
ってことです。
これは知らなくてやりましたでも、景品表示法に引っかかる違法行為です。
この記事を見た段階で、知らなかったも通らなくなるので、さっさと差し替えた方がいいですよ。
ちなみに、発行部数なんかは聞いても教えてくれませんでしたので、そもそも流通してるか謎。調べても出てきませんでした。

参考までに、値段

六万円。 これを安いととるか。
以上、現場からお伝えしました!!

投稿者プロフィール

院長
院長けやきの森整骨院 代表
けやきの森整骨院院長。
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
身体に役立つ情報と、整骨院の本来のルールを発信し、間違った利用(肩こりで健康保険など)をなくし、筋肉、骨の専門家として整骨院が信頼されるよう取り組んでいる。
2017年ズボン3本破壊、チャック一回破壊(不可抗力)。
元読書家で歴史小説に目がない人。
少年・青年漫画限定で意味不明に詳しい。
同名の整骨院の活動には関与していません