一躍話題のブログ

昨日、SNS上でこのブログが回っていたようです。

【湿布の副作用で「一生治りません」と診断される】

概要としては、

モーラステープの注意事項を見ないで使用して、交戦過敏症と思われる症状になったと言っている記事です。

この方は、結論として、薬は二度と使わないと誓っていましたが、本当に薬のせいなのでしょうか?

例によって、リスクを確率計算してみました。

※当記事は、モーラステープの危険性、安全性を検証するためのもので、記事を書いた人の価値観を誹謗、中傷するものではありません。

はじめに結論

そんなに怖がらなくて大丈夫です。

計算したら、大丈夫でした。

その確率で宝くじが当たるレベルなので、確率計算できる人は問題ないと思います。

モーラステープとは?

EPARKさんから引用します。

モーラステープの成分は「ケトプロフェン」になります。説明のようにシクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害することによって、結果として、炎症を引き起こすプロスタグランジンが作られるのを抑え、炎症、痛みや熱を下げる効果を発揮します。

NSAIDsの中でも、「プロピオン酸系」とよばれ、比較的副作用が少ないタイプとされています。主に外用薬として使用される成分になります。

1点、モーラステープは、関節リウマチに対する適応があります。おもに慢性期の手関節の疼痛軽減効果が認められています。

副作用についても記述があります。

基本的には、モーラステープとロキソニンテープともに、外用のお薬なので局所に作用し、全身に対する副作用などはほとんどありません。

主な副作用は、発疹、発赤、かゆみ、刺激感などの症状になります。かゆみなどの兆候が見られた際は、使用しないようにしましょう。汗をかきやすい時期などは、汗をしっかりふきとってから貼るようにしましょう。

ただ、ひとつ、注意すべき点として、モーラステープの副作用である「光線過敏症」があります。

痛い所に貼るものなので、全身性の副作用はほとんど見られません。

光線過敏症とは、日光アレルギーとも呼ばれ、日光に対する過敏な免疫反応になります。普通の方であれば問題のない日光を浴びた際に、皮膚が赤くなる、水ぶくれ、かゆみを伴う皮疹などの異常な皮膚症状がおこることです。

光線過敏症の予防には、湿布を貼っている部分を衣服やサポーターなどで隠し、紫外線が当たらないように工夫することが大切です。また、紫外線の強い時期(夏場)は、紫外線の多い時間帯を避けて、外出するようにしましょう。

光線過敏症が発生するのは稀ですので、注意は必要ですが、過度に不安にならず、通常どおりにまずは使用しましょう。

まとめると、

比較的副作用の少ないシップだが、日光に当たると、稀に光線過敏症になる

ということです。

その、稀になるとは、どのくらいの確率なのでしょうか?

確率を調べてみた

ソースはコチラ

パップ剤が平成17年8月に承認されている(平成21年度の各製剤の出荷量は,ゲ
ル剤で約160kg,ローション剤で約480kg,クリーム剤で約160kg,パップ剤で約140万枚)。
ケトプロフェン外用剤による光線過敏症については,国内症例の集積に伴い平成13年12月に医療用及
び一般用の全ての製剤に,紫外線の暴露による全身性の光線過敏症に関する注意喚起が追記された

この中で、発生確率に対しての記述がありました。

欧州での検討においては,ケトプロフェン外用剤について,重篤な光線過敏症のリスクは存在するも
のの,その発現率は低く(製造販売業者の算出では,100万人あたり0.6から12.4),適正に使用されれば
ベネフィットはリスクを上回るとされたが,光線過敏症の発現が認められており,重篤化のおそれもあ
ること,紫外線防止剤等として化粧品に広く含有されている化合物オクトクリレンとケトプロフェンと
の共感作による光線過敏症についての報告があること,光線過敏症のリスクを最小化するためには,(中略)
効 能・効 果
① 下記疾患並びに症状の鎮痛・消炎
変形性関節症,肩関節周囲炎,腱・腱鞘炎,腱周囲炎,上腕骨上顆炎(テニス肘等),筋肉痛,
外傷後の腫脹・疼痛
② 下記疾患の慢性症状(血行障害,筋痙縮,筋拘縮)を伴う場合の鎮痛・消炎
腰痛症(筋・筋膜性腰痛症,変形性脊椎症,椎間板症,腰椎捻挫),変形性関節症,肩関
節周囲炎,腱・腱鞘炎,腱周囲炎,上腕骨上顆炎(テニス肘等)
関節リウマチにおける関節局所の鎮痛
③ 下記疾患の慢性症状(血行障害,筋痙縮,筋拘縮)を伴う場合の鎮痛・消炎
腰痛症(筋・筋膜性腰痛症,変形性脊椎症,椎間板症,腰椎捻挫),変形性関節症,肩関
節周囲炎,腱・腱鞘炎,腱周囲炎,上腕骨上顆炎(テニス肘等)
④ 筋肉痛,腰痛,関節痛,腱鞘炎(手・手首の痛み),打撲,捻挫,肘の痛み(テニス肘など),
肩こりに伴う肩の痛み
医薬品・医療機器等安全性情報 No.276 −5− 2011年1月
表1 医療用医薬品のケトプロフェン外用剤における光線過敏症に関する副作用報告
剤型 症例数 うち重篤症例数 重篤症例の割合(%)
パップ 205 8 3.9
テープ 1,770 37 2.1
ゲル 23 0 0
ローション 22 1 4.5
クリーム,軟膏 8 1 12.5
合計 2,028 47 2.3
剤の適正な使用が必要であることから,以下の安全対策措置を講じることとされた4)。

ヨーロッパの業者報告では、100万人当たりの発生リスクが0.6~12.4というのが出てきました。

理論値であれば、100万人に一人以下のことも十分ある低確率です。

一応平均すると、100万人につき、6,5というのが平均値になるでしょうか。

では、確率計算してみましょう。

153846分の1という結果が出ました。

この確率を当てはめると、

自分の車のキーが他の車とぴったり当てはまる確率が15万分の1なので、だいたいこういう事が起きます。

通常、まずありえない確率ですよね。

宝くじに換算してみると

3等に当籤する確率が、10万分の1ですので、

宝くじの3等(100万円)が当たるよりも、日光で光線過敏症になる確率は低いです。

では日本ではどうでしょうか?

 また,健康保険組合のレセプトデータ((株)日本医療データセンター提供)を用い,平成17年1月
から平成20年12月の間にケトプロフェン又は類薬(フルルビプロフェン,インドメタシン,フェルビナ
ク)の外用剤が処方された症例における光線過敏症の発現状況を比較した。その結果,ケトプロフェン
外用剤の処方から2ヵ月以内に光線過敏症と診断された割合は0.05%(35例/65,897例)であり,フルル
ビプロフェン外用剤では0.03%(10例/32,893例),インドメタシン外用剤では0.05%(11例/20,338例),フェ
ルビナク外用剤では0.02%(11例/50,975例)であり,ケトプロフェン外用剤処方例における光線過敏症
の割合は,類薬と比較してやや高いか同程度であり,大きな差は認められなかった。

おおよそ日本の方が発生率が高く、5万分の1~2万分の1くらいの確率のようです。

だいたい、オスの三毛猫が生まれる確率が3万分の1なので、だいたいそのくらいの確率で起こるリスクと言えます。

もちろんこれはノーガードで発生するので、使い方や注意事項をしっかり守れば余計にリスクは下げられます。

そもそもの話、注意書き読めば解決

シップを貼った場所は紫外線を避ける事、警戒状態は4週程度続ける事。

これをしておけばそもそも平気です。

そしてその注意事項は袋に書いてありますし、知人、及び患者さんの薬剤師に聞いた感じでは、原則説明はしていることが多いようです(聞いたのが10人なので、

統計的にはあれですけど)。

あと、日焼け止めとの併用もよろしくないようで、注意が必要です。

さらにそもそもの話、薬は処方された症状以外に使うと危ないよ

上の記事では、かつて使っていたシップの余りを、別の症状に対して使っていたことも問題です。

追記:そして、内容を書き換えたようですが、そもそも期限切れのシップを使っていたようです。

よりリスクが高い行動をしていたので、例外中の例外の事が起こったと考えてよいと思います。

個人的には、これは全然避けられる類のものだと認識しているので、もっと気を付ける事があると思います。

冬だとインフルエンザ、夏だと熱中症など。

特に、自分で使う分にはまだ自己責任ですが、子供や友人にホイホイ配って万が一のことがあったら目も当てられません。

特に必要枚数をむき出して渡したら、注意事項などの周知は絶望的な気がします。

保険がきくからって余分にもらおうとしたり、実際貰ってきて見せびらかしている人を見ると、それは事故が起こるわ!と思います。

まとめ

使い方無視したらあかん

光線過敏症の発生確率自体はまれ。でもシップ140万枚でてるのね

関係ない症状では貼らない、人にも配らないの心

投稿者プロフィール

院長
院長
けやきの森整骨院院長。
身体の動きや機能の話が得意
くせ毛と大柄なのに軽やかに動くからだが特徴。
ズボン破壊魔。
元読書家で歴史小説に目がない人。
少年・青年漫画限定で意味不明に詳しい