整形外科、整骨院、マッサージ院、整体院の機能を明確に定義してみよう(患者さんが迷わないように編)

定期的に区別がつかない人の投稿を目にするので、患者さんが混乱しないように、整形外科、整骨院、整体院、マッサージ院の機能を明確に定義してみたいと思います。

資格マウントをとる気は全くないので、そういう感じでご覧いただければ幸いです。

なお、鍼灸は誰が見ても鍼灸なので除外します、わかりやすさ最強。

 

働いている人たち、働ける人達

医療事務とかは便宜上カウントしない方向でお願いします。

整形外科

働いている人、働ける人として、

医師、鍼灸師、マッサージ師、柔道整復師、看護師、放射線技師、物理療法士、作業療法士が働いています(規模により医師と看護師のみの場合もあります)。

医師は確実にいる必要があります。他の資格はいてもいなくても構いません。

整体師は病院で働くことが出来ません。理由としては国家資格を持っていないからです

 

整骨院

必ずいる必要がある人として、柔道整復師

他に併設していれば問題ない資格として、鍼灸師、マッサージ師

働いても構わないけれど、働く意味がないのが医師

働いてはいけないのが整体師

という並びになります。

また、学生の施術は原則違法になります(どの医療機関でもそうですね)。

 

マッサージ院

いる必要があって、働ける人はマッサージ師

働いても構わないけれど、働く意味がないのが医師

整骨院が併設されていれば働けるのが柔道整復師

働けないのが整体師

 

という形になります。

 

整体院

誰でも働けます。

何なら未経験の人も働くことが可能です。

 

この章のまとめ

医師はどこでも働くことができる

整骨院、マッサージ院は、対応した資格が必要となる

整体院は誰でも働くことができる

 

健康保険の有無

病院

おおむね健康保険を使うことができる

疲労回復や肩こりは病気、ケガでないので健康保険の適応外(不正をすれば使える)

慢性でも健康保険が使用可能

 

整骨院

筋肉や関節、骨のけがや痛みに対して健康保険が使用可能

整体、全身をほぐす行為、けが以外の部分に対する施術は健康保険適応外となる。

慢性痛は健康保険使用適用外

 

マッサージ院

マッサージの健康保険対象は、診断名での治療ではなく、症状による治療です。
①「筋麻痺」
②「関節拘縮」

骨折や手術後の障害や脳血管障害、例えば脳梗塞などの後遺症などが対象です。
関節が硬くて動かない、又は動きが悪い、筋肉が麻痺して、自由に動けない等が健康保険の対象です。

慢性症状にも適応できますが、医師の診断と同意が必要になります。

なお、マッサージ医院内で医師が働いていた場合、同意書を書く資格はなくなります。

整体院

一切使用不可。

国家資格者が働いていたとしても使用不可

この章のまとめ

マッサージ院と整骨院は健康保険に制限がある。

急性は整骨院、慢性は鍼灸院が適応

整体は保険不可

 

投稿者プロフィール

院長
院長4F整骨院 院長
4F整骨院院長
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
趣味:読書(宮城谷昌光、歴史小説全般)、スポーツ観戦(野球:見るのは20年来広島、見てる時だけ勝てば良い派、サッカー、他メジャースポーツは守備範囲)
ズボンをよく壊す
整骨院のちゃんとした利用と、皆様の役に立つ情報発信に努めます。
たまに雑記も書くよ
お気軽にお問い合わせください

 

070-1532-1687

受付時間(平日)
10:00~20:00
(土・日・祝)
10:00~18:00

昼休みはありません

定休日:不定期

お知らせの項目に更新しております

LINEで予約、受付予定の受け取り、その他ご相談が可能です

友だち追加

ブログ
院長をフォローする
草加市 4F整骨院 土日祝受付 痛み、不調の改善のお手伝い
お電話はこちら
タイトルとURLをコピーしました