クレジットカードよりQR決済サービスのほうが使いやすく、お得な7つ理由

はじめに

いま日本では、現金の価値が下がっています。

一つは税制、一つはキャッシュレスの支払いです。

まず税制は消費税。

私の子供のころは、1000円あれば1000円分買い物ができましたが、今は1000円の買い物をするためには1080円必要です。

年齢分布で考えると、所得税収が日本は今後より減少するので、消費税を無くすなら別の財源が必要になるので消費税は仕方ないと思ってます。

この議論は政治関係の方にお任せするとして。

もう一つはキャッシュレス。

クレジットカードやICカードQR決済の登場によって、現金の価値はさらに下がりました。

中には、常にではないですが20%くらいポイントが戻ってくるものまであります。

その中でもQR決済は、クレジットカードよりも安心かつ便利だと思うので、その理由を解説していきたいと思います。

何故QR決済が便利かと思うかといいますと、

1、手数料が安い

2、金利が発生しない

3、SUICA,と変わらない使用感

4、与信枠がいらない

5、使用を自分で管理できる

6、ポイントバックがでかめ

7、クレジットよりもセキュリティ面のリスクを低くできる

という7つの理由があります。

QR決済について軽く触れた後、今日はこの7つについて解説していきます。

QR決済とは?

paypayや楽天PAYに代表される、QRコードの読み取りを利用した決済サービスです。

スマホがあればカードの持ち運びもいらず、お店も端末がいらない経済的な仕組みです。

では、一つ一つ理由を挙げて、クレジットカードよりも優れている部分を上げていきます。

手数料が安い

この場合の手数料は、店側の負担を指します。

  • 飲食店では5%程度

  • 小売店では4%程度

  • デパートでは2%程度

  • コンビニなどでは1%程度

  • 水商売系では10%

くらいの手数料がお店側に発生します。

なので、例えば居酒屋で3000円の支払いをカードでしたとすると、

店側が450円の負担をします。

同じ3000円を払ってもらっても、

現金だと3000円の売り上げ

カードだと2550円の売り上げ

という事態が発生します。

カード使われると店が損!!!

ついでに端末の費用も別途発生します。

これがQR決済であれば、

此方から引用

となっております。

専用端末も特に必要としませんので、お店側の負担がかなり軽減できます。

当院が使っているPAYPAYに至っては、2021年まで手数料無料です。

LINEPAYもそうですね。

楽天はいつも通りポイント二重取りができるので、店舗負担はあるものの、利用者には得ですね。

つまり、

PAYPAYとLINEPAYはお店に気兼ねなく使える

ということであります。

特に行きつけのお店だったりすると、5%店に余分な負担させてまでカードを使うのは抵抗がいります。

QR決済はその必要がないのが大きいですね。

2、金利が発生しない

クレジットカードは、分割払い、リボ払いを選択すると、金利が発生します。

そらそうだ。

QR決済は、ポイントチャージをして使う、Suicaみたいな概念で使用すれば、金利が発生しません。

ただし、クレジットカードを紐づけて引き落とし決済を選んでいる場合は別なのでお気を付けください。

 

3、Suica(ICカード)と変わらない使用感

もともとチャージしておいて、お店で使うという使用法において、Suicaとあまり変わらない使用感です。

Suica同様、カードからのオートチャージはお気を付けくださいね。

また、チャージ方法として、銀行口座からのチャージを選んでおけば、アプリ上でチャージできるため、楽に支払いができます。

なんなら、チャージ専用に口座を使っていれば、入れてるお金以外を取られる心配ないですからね。

 

4、与信枠がいらない

カードを持たない人のほかに持てない人もいます。

クレジットカードと違って与信枠がいらないので、特に普段から使う店がQR決済対応していれば、普通に使う分をチャージするだけなので、誰でも使えます。

ただし、楽天PAYは楽天カードがあったほうが得です。

 

5、使用の管理が楽

カードと違ってうっかり使いすぎということを防げます。

5000円しかチャージしなければ、5000円以上使えません

非常に管理が楽ですよね。

 

6、ポイントバックでかめ

PAYPAYが代表的ですが、ポイントバックが大きいですよね。

普通に5%~20%のポイントバックがあります。

楽天もお得意のこんなやつ

 

7、セキュリティ面でクレカより上

QR決済に抵抗がある人の中には、セキュリティ面の不安を感じる人が一定数いるようです。

主に、クレカの情報取られるとかそういうやつです。

では、クレカが情報を取られるときってどのタイミングなんでしょうか?

 

(1)クレジットカードの盗難

(2)カード情報を読み取る機器を使ったスキミング

(3)本物そっくりな偽サイトに誘導し、ID/パスワードなどを盗みとるフィッシング

(4)パソコンや端末に仕込まれたスパイウエアを使った情報の窃取

(5)オンラインショップからの情報漏えい

パッと見てわかるでしょうか?そうです、

QR決済関係なく取られます。

ちなみに、QR決済が怖い人達の中で多いのが、

2段階認証していない

パスワード使いまわし

など、セキュリティ意識が低い人です当院調べ)

2段階認証何それおいしいの?という人には、明日記事を上げます(笑)

で、上にも書いてましたが、そもそもQR決済にはクレジットカードは必ずしも必要がありません。

Suica同様、あらかじめ現金をチャージして使うだけでも成立します

それでいて、繰り返しになりますがポイントが別途戻ってきます。

追記:キャッシュレス事業、爆誕

ここまでであげようと思っていたのですが、これが出てきたので追記します。

わたしはSuicaよりQR決済推しです。その理由は日本の将来のためです。w - More Access! More Fun
7Payの大失敗で××payなんて滅んでしまえ、いまどきQR決済とかなにいってるの、非接触型のSuicaが一番というふうにいうインフルエンサーが多数見受けられるのですが・・・・ わたくし、正反対の意見です!!! もっとも ...

此方の記事が詳しいので、こちらをご覧いただければと思うのですが、しばらくの間、キャッシュレス事業者に登録したお店でキャッシュレスの買い物すると、

普通に5%帰ってきます

消費税増税分と差し引き3%得・・・

それでも、別に使いたくない人はそれはそれでいいと思います。得をしないだけなので。

でも、中身を知らないで食わず嫌いをしているだけなら、一回試してもいいと思いますよ。

ちなみに医療機関は対象外でした・・・

投稿者プロフィール

院長
院長4F整骨院 院長
4F整骨院院長
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
趣味:読書(宮城谷昌光、歴史小説全般)、スポーツ観戦(野球:見るのは20年来広島、見てる時だけ勝てば良い派、サッカー、他メジャースポーツは守備範囲)
ズボンをよく壊す
整骨院のちゃんとした利用と、皆様の役に立つ情報発信に努めます。
たまに雑記も書くよ
お電話はこちら
タイトルとURLをコピーしました