突然ですが、今この記事を見ているそこのアナタ!!

立って見ている人は左の脚に体重が乗っているデショウ

そして

座って見ている人は左のお尻に体重が乗っているデショウ

恐らく8割くらいは当たっているハズ

 

基本的に人間は左側で体を支えて、右側で作業をすることが多いです。
社会的にも右側を使わせることが多く、例で言うと

・自動販売機
・改札口
・パソコン

などがあげられます。
スポーツの分野でもトラック競技が左周りで競うなど
探すといくらでも出てきます。

そんな中で生活していると当然
右半身と左半身でよく使われる筋肉にも差が出ます
それが強くなると身体の「クセ」であり「歪み」と言われる状態になります。

まったくクセのない状態というのは
この世界で生きている以上ありえないし
常に出ているものです。
でもクセが強く状態というのは体に辛さを出したり悪いことも多いです。

じゃあどうすればいいの??

 

 

 

 

いつもやらない動きをやってあげると良いです!

 

右腕は正面で作業する為
前に伸ばす動きは左よりやりやすく
後に伸ばす動きは左よりもやりづらい
です。

なのでその逆を運動やストレッチとしてやると
いつも使えわない硬い筋肉にアプローチが出来て
肩の緊張が取れます。

身体のいろいろな場所に動きの左右差があるので
極端に違いがる場所というのは
不得意な方向でストレッチや運動を行ってあげると
良い効果が出やすいです

 

極端に左右差や動きの悪さを発見したけど
どんな運動やストレッチをしていいかわからない><

という人は当院で言ってもらえれば身体の状態に合わせた
やり方をお教えしますのでぜひともお気軽に聞いてみて下さい!

 

施術に関するお問い合わせ、ご予約希望の方

初めての方はお電話でどうぞ

048-960-0648

2回目以降の方は、LINE@からでも可能です。

友だち追加

また、文章で質問などがある方は、お問い合わせフォームよりお願いいたします。

営業の方は、患者さんの問い合わせ用の番号で電話をかけてこられると、予約の電話が受けられない事例が増加中です。

御用の際はお問い合わせフォームからお願いします。