非常事態宣言における当院の受付状況について

お知らせ、受付予定

第二回非常事態宣言が発令されました。

当院の対応、受付状況についてのお知らせになります。

受付

通常通り行います。

前回の緊急事態宣言において、整体院などの民間施設は自粛対象になりましたが、整骨院は対象外でした。

今回はより小規模の制限ですが、拡大したとしてそこの基準は変わらないと思われるためです。

また、路面の整骨院/整体院/鍼灸院/マッサージ院と比較した際に、

マンション内で予約制という性質上、密集を回避できるため、むしろ緊急事態宣言下において、安全性の高い部類の施設だと思われます。

環境

元々整骨院は開業にあたって基準があり、待合室の最低面積や、光の入る基準もそうですが、換気に関しても基準があります。

加湿器と空気の流れを併用して換気をする状態を作っています。

また上記の繰り返しになりますが、マンション内にある事によって、密集を防ぐ環境を実現しています。

密接というのは、手技療法を行う以上ある程度は発生してしまいますが、第一回目の緊急事態制限の段階で判明していることですが、

・1メートル以内の距離で

・向かい合ってお互いノーマスクで飛沫を飛ばし合い

・それが15分以上ある

という状態を濃厚接触と言いますが、

そもそも向かい合って延々至近距離+ノーマスクっていう状態が存在しないため、ある程度ご安心頂けると思われます。

圧倒的向かい合っていないの図(2017年の写真です)

どうしても不安な場合はオンラインでの相談(来院が必要か、病院やサロンの方が良いのかなど)もお受けしております。

 

空けておく意味はあるのか?

大いにあると感じています。

まず、整骨院や鍼灸院が前回も自粛対象から外れている利用と思われる(談話が出てないので想像です)のは、

・病院のベッドを余らせる必要がある

・病院でなくてもよいようなものはよそで受け持ってもらいたい

・けがは整骨院、神経的なものは鍼灸院という意図がある

為です。

こういう時こそ整骨院の社会的意義があると思いますので、しっかりと勤めを果たしたいと思います。

また、前回同様リラクゼーションや整体院が休業要請がかかる可能性も否定できません。

その際のセーフティネットとしても機能すると考えています。

前回の非常事態宣言時もそうでしたが、先の見えない不安は、身体に不調として出てくることがあります。

フィジカル面、メンタル面のケアとしても頑張りたいと思います。

 

投稿者プロフィール

院長
院長4F整骨院 院長
4F整骨院院長
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
趣味:読書(宮城谷昌光、歴史小説全般)、スポーツ観戦(野球:見るのは20年来広島、見てる時だけ勝てば良い派、サッカー、他メジャースポーツは守備範囲)
ズボンをよく壊す
整骨院のちゃんとした利用と、皆様の役に立つ情報発信に努めます。
たまに雑記も書くよ
お気軽にお問い合わせください

 

070-1532-1687

受付時間(平日)
10:00~20:00
(土・日・祝)
10:00~18:00

昼休みはありません

定休日:不定期

お知らせの項目に更新しております

LINEで予約、受付予定の受け取り、その他ご相談が可能です

友だち追加

お知らせ、受付予定 ぼくたちのこと ブログ
院長をフォローする
草加市 4F整骨院 土日祝受付 痛み、不調の改善のお手伝い
お電話はこちら
タイトルとURLをコピーしました