規制が始まったので、掲載はやめるのが望ましい「患者の声」

6月から医師では規制が入りました、サイトの表記について、こちらが詳しいですし、

先日記事にも書いてみました。

医師は規制開始ですがエキテン頼り続けますか?

整骨院や整体院もエキテンがダメになるのがほぼ決まったので、発信の重要さと方向性を考えてみる

外部の口コミサイトもダメになるようなので、その中で規制表記の問題点を、いくつかお伝えしていこうと思います。

今後、しっかりしている院程、このシリーズで取り上げる表記は自主規制するはずですので、もし自分が載っている動画がその院から消えてても、

その院の対応が正しいと考えていただければ良いと思います

整骨院、整体院側からの「患者の声」設置メリット

従来の看板やチラシではなかなか難しかったことが、規制が入る前のサイトでは比較的自由にできた(だから規制入るんですけど)こともあり、

サイトの宣伝がしやすい時期が存在していました。

その中で、患者の声、というコーナーは、整骨院や整体院に確かなメリットをもたらしていました。

自分で言えないことを代弁してもらえる

自分たちが伝えたい院の魅力や、施術の特色を、患者さんというフィルターを通してアピールできるという所のメリットがあります。

中々通常、

俺スゲー

って不特定多数に言えないですよね。

誕生日に「happy birthday to me」と歌い上げるレベルの勇気がいります。

それを代弁する存在として、そこに通った(通っている)患者さんの存在は大きいです。

自分たちで口コミをコントロールできる

外部のものと違って、メッセージをくれるのは患者さんです。

という事は原則ファンなので、自分たちがほめてほしいポイントをほめてもらいやすいというのは中々のメリットです。

自分のサイトに載せるものなので、長所だけをアピールするのには格好の状況になります。

あえてデメリットを乗せるというのも手法としてはありだと思うのですが、やっているところは少ない印象です。

現状の問題点

実際の情報よりも、誇大にカスタムしても、ぱっと見わかりませんので、地味より派手、という感じになってしまい、やや問題が出てしまっています。

規制がかかってきている背景にもなっているかと思われるのがコチラの点になります。

ステマ大会

自分たちの院について患者さんを通して伝えてもらう事により、ステマの懸念が出てきます。

実際、口コミでこんなことをやってしまったところが、目視できる範囲でいくつかありました。

口コミの形をしたよその悪口を患者さんに言わせている

一見良くなったと喜んでいる患者さんの文面かと思って読んでいると、このような記載が目につきます。

「病院では湿布出しておしまいでした」

「○○ではマッサージしかしないで、翌日凄く痛くなります」

など、よその悪口を患者さんに言わせているという非常に困った口コミと化していることも少なくありませんでした。

中には、動画でそのように言わせているところまであったりして、これを見た人の中には、

「病院はちゃんと見てくれないので、ここに行けばよくなるんだ」

という心理が一定数働くことが予想されます。

その中で、実際は病院に行くべき症状の人が病院に最初に行かなかった、という問題が勃発しかねません。

これを比較優良と言い、実際問題を置いておいて、広告によって、その院が他の施設よりも優れていると消費者に誤認させる

という理由で規制対象になっております。

はやめにやめて、発信重視に

現在広告のガイドラインが話し合われていますが、医師の方で規制が入っているものを、整骨院や整体院だけOKするとは考えにくいです。

という事は、遅かれ早かれ辞めざるをえない広告の手法になります。

だったら早く辞めてしまって、その分をスタッフの人柄の紹介だったり、院のやりたいことの発信だったりで埋めてしまえば、

今後の展開においても先手を打って行動できますし、言われてやめるより心象もいいと思われます。

一番重要なことは、感想をサイトにアップする事ではなく、患者さんの役に立つ治療院であること、それがわかるサイトであることです。

 

治療院をお探しの皆様へ

というわけで、広告の中で皆様の感想という部門は、今後無くなっていく事が予想されます。

今までは掲載して問題にはなりませんでしたが規制の結果という形なので、誰かが悪いとかではありません、ご安心ください。

逆に、その手の表現を早めに変えていった院に関しては、信用してよいと思いますので、院選びの指標にしても良いのではないでしょうか

 

投稿者プロフィール

院長
院長
けやきの森整骨院院長。
身体の動きや機能の話が得意
くせ毛と大柄なのに軽やかに動くからだが特徴。
ズボン破壊魔。
元読書家で歴史小説に目がない人。
少年・青年漫画限定で意味不明に詳しい