値段だけで見ると致命傷になる、安さが基本的にもっていくもの

ブログ

安いものが持っていくものは、原則的になんでしょうか?

品質という人もいるかもしれませんが、個人的には時間だと思います。

安さにこだわって失う時間について、今日は考えていきたいと思います。

半額で待ち時間は半日

かっぱ寿司、一日限定“全品半額”で大混乱…待ち時間『988分』も 「ディズニーランドを超えているよ」と悲鳴(中日スポーツ) - Yahoo!ニュース
 回転寿司大手のかっぱ寿司が、9月26日限定で寿司全品を半額にすると発表したことを受け、ネット上では「かっぱ寿司」がトレンド入りした。

先日かっぱ寿司の半額の日で、異様な待ちが発生しましたね。

900分待ち、要は15時間待ちます。

110円の寿司を55円で食べるために15時間待つという事です。

ちなみにかっぱ寿司は4年前にも食べ放題で900分待ちをやってます。

待ち時間920分…騒然、かっぱ寿司の食べ放題「昼ご飯とも夜ご飯ともつかない」
 回転すしチェーンの「かっぱ寿司」が一部店舗で実施中の「食べ放題」が大反響を呼んでいる。平日午後限定にもかかわらず、店舗は人であふれ、とんでもない待ち時間が発生…

さて、こういうことを書くと、「900分そこまで待つわけじゃないんだから別によくね?」

という意見が発生すると思います。

そういう面は確かにあります。

しかし、900分後にピッタリ行って案内されるかはわかりません。

その際に店にいない場合は次の人が案内されるでしょう。

つまり、一日の間に何度か進捗をチェックしに行って、良きところで店に行って待機するという時間が必ず発生します

110円の寿司を55円で食べるためにその時間を払うかどうかというのがまず一点ありますよね。

もちろん、その価値が十二分にあって、半日待機して食べたい!という人にとっては当たり前に待つ価値はあります。

そうでないのに安いから…という理由で並んで、待って待って、満足できなかったら悲しい一日ですよね。

※繰り返しますが、その価値がある人にとってはそれは当然なので、それでいいと思います。あくまでそこまで好きじゃないけど安いから…の人への話ですので、かっぱ寿司美味しい論争は参戦しかねます。

まあこれはイベントごとなので、もう少し日常にしましょうか。

スーパーでもやしを買いました。

2,3円でも安い方が当然いいですから町中のスーパーを行脚しました。

そのかいあって3円安いもやしを買いましたが、2時間かかりました。

2時間を3円で消費したことになります。

ちなみに3円であれば、ポイントサイトでアンケートを答えるだけで15円くらいもらえるため、そっちをしてれば100分近く時間が節約でき何なら3円高いもやしのほうがおいしかったという事まであります。

そしてその2時間バイトしていた場合、最低賃金でも都内は1000円超えているため、2000円お金が増えます。

スーパーを必死にめぐる時間と比べても、そこまで過剰労働とは言えない気もします。

このように、安さは時間と交換していることが多いです。

人は時間の損失は無頓着だが金銭の損失には敏感説

ここから導き出される答えは、人は時間の損失に対して結構寛容だという事です。

その一方でお金の損失には敏感という考え方も可能です。

しかし、自分が時間をかけたいものは別として、安いからかかっちゃう時間を使っていると、人生があっという間に終わりかねません。

通勤に2時間かけている人の一日は4時間短いとかそういうノリです。

時間使う必要がないものを見なおしてみてください。

結果そこにお金を使う必要がなかったこともかなり出てくると思うので。

でも安くていいものもたくさんあるよね?

こういう展開をすると、引き合いに出されるのは、安くていい店があるじゃんっていう意見は必ず出ています。

そういうお店が犠牲にしているものは何でしょうか?お金と時間です。

とある町のラーメン屋さんの話なんですが、注文が入ってから麺を打ち、スープや仕込みが水準に達していないと考えるときは休業してしまうこだわりのお店で、大変おいしくいただくことが出来ました。

しかしそこの券売機には、原材料の高騰により、お店が存続できるぎりぎりの原価率まで値上げさせてくださいと懇願する張り紙がありました。

また、人件費を削って価格転嫁していることも多々あるために、人を雇えない側面があります。

上記のラーメン屋さんはスタッフを雇うと赤字になるため一人で経営をし、老舗のてんぷら屋さんも人情経営の限界で閉店しました。

神保町で愛され続けて60年――天丼『いもや』の閉店に隠された“人情経営”の限界 - 社会 - ニュース
「いもやが閉店になるって」 2月下旬、神田・神保町にある天丼とトンカツの老舗専門店『いもや』が閉店するとの情報がツイッターに流れ、話題になった。『いもや』といえば1959年の創業以来、この地で半世紀...

記事中にも、薄利多売につき夫婦経営(人を雇うと人件費が経営を圧迫するためと思われます)を師匠から推奨されている記載がありました。

彼ら彼女らの犠牲の上に安くていい店が存続しているので、本当にその店の商品やサービスが素晴らしいなら、常連さんは率先して値上げを提案したほうがいいかもしれません。

 

治療院も考えないといけないこと

現代人は時間がただでさえないのに、色んな事に時間をとられていきます。

そうすると、後回しになるのは大体身体です。

時間を使った弊害を受け取る身体はダメージを受けていきますが、昔の人ほど時間もないのでケアも不十分になりがちです。

安くて時間のかからないものを提供するのはあまり相性が良くない気がしています。

そういうのもあって、自費高単価のところが増えている側面はあると思われます。

逆に安くて時間がめっちゃある人は、毎日同じ場所に集いますよね。

毎日日同じメンバーが集う場所というのは、集う人が良くなっていないという事が言えるのですが、言うと怒られそうなので、時間をたくさん使える人ではない人を相手にすることが多い当院としては、その辺意識しておきたいと思います。

投稿者プロフィール

院長
院長4F整骨院 院長
4F整骨院院長
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
趣味:読書(宮城谷昌光、歴史小説全般)、スポーツ観戦(野球:見るのは20年来広島、見てる時だけ勝てば良い派、サッカー、他メジャースポーツは守備範囲)
ズボンをよく壊す
整骨院のちゃんとした利用と、皆様の役に立つ情報発信に努めます。
たまに雑記も書くよ
お気軽にお問い合わせください

 

070-1532-1687

受付時間(平日)
10:00~20:00
(土・日・祝)
10:00~18:00

昼休みはありません

定休日:不定期

お知らせの項目に更新しております

LINEで予約、受付予定の受け取り、その他ご相談が可能です

友だち追加

ブログ
院長をフォローする
草加市草加駅徒歩3分 土日祝受付4F整骨院 痛み、不調の改善のお手伝い
お電話はこちら
タイトルとURLをコピーしました