整骨院の憂鬱、第2回は、病院と整体院のはざまでほんろうされる整骨院の現状について書いてみました。

整骨院は病院ではない

整骨院は病院ではありません。

しかし、患者さんからすれば、区別がつかないこともままあります。

もちろん、お医者さんと同列レベルで信用してもらえるのであれば、それはとても名誉なことです。

しかし、資格の問題で、医師よりやってはいいことが少ないという現実があります。

医療行為という観点からすると、

・診断ができない

・診断書が書けない

・薬が出せない

・手術ができない

このうち、上2つが整骨院ではできないということをご存じない方が一定数いらっしゃいます。

中には、整骨院側も知らないというトンデモ事例があるようですが・・・

整骨院は整体院でもない

整骨院は整体院でもありません。

整体院ではないことで、メリットもデメリットもありますが、一番の違いは、医療者としての責任の有無です。

整体は、今のところ取り締まる法律がないので、根本改善、改善率○○%など、現実と異なることをさんざっぱら吹聴しても、罰則がないです。

なので、やりたい放題出来るならと整体院に転向する整骨院もあります。

※ただし、改善率などは景品表示法上の問題が発生します。

整体院との違いは、痛み、ケガに対して施術可能なところですが、整体院の広告表記が結構ぶっこんで来ている為、区別がつかない人もけっこういるようです。

更にカオスなのが、整骨院が整体院としてチラシをまいている悪質な例もある為、訳が分からないことに拍車をかけています。

ただ、現在整骨院では広告ガイドラインを策定する委員会が立ち上がっているので、そこでルールが明確になると、整体院との区別が

ある程度付いてくるかもしれません。

ただ、話し合いが変な方向(整体取締れ)に行ってしまっているので、付いてこないかもしれません・・・

どちらのメリットも享受できない半端な位置

病院程の権限もなければ、整体院ほどの無法地帯でもない、そして整体院との区別がつきにくい分何なら不利なこともある。

という状況に整骨院が置かれていると思っている同業の方も多いようです。

また、整体院では高額な施術料を払うけど、整骨院は保険じゃないといやだ、という扱いを受ける事もあります。

本当に整骨院はいいところなしなのでしょうか?

民間療法と医療の橋渡し

そんなことはないです。強みもちゃんとあります。

整体には無い医療知識を有していますので、状態により、病院の検査を促したり、そのまま病院に行ってもらうなどの迅速な対応が出来ます。

※整体にも医学知識を有している人や、国家資格者が転身したケースもありますが、それらがなくても開業できるため、平均値として医学知識はないと表現しました。

また、病院で、こういう処置だった、なんで?という疑問のフォローアップも可能です。

また、案外整体で良くならないから来てみた的な方もいらっしゃるので、そこのフォローアップもしています。

整体の方法論、病院の必要性、両方を理解して橋渡し的な役割を整骨院は担っている、そんな自負があります。

まとめ

整骨院は中間管理職

管理職(病院)ではないので分を超えた行動は注意

整体の看板出す整骨院が話をややこしくしている

投稿者プロフィール

院長
院長けやきの森整骨院 代表
けやきの森整骨院院長。
柔道整復師歴10年ちょい(国家資格)
身体に役立つ情報と、整骨院の本来のルールを発信し、間違った利用(肩こりで健康保険など)をなくし、筋肉、骨の専門家として整骨院が信頼されるよう取り組んでいる。
2017年ズボン3本破壊、チャック一回破壊(不可抗力)。
元読書家で歴史小説に目がない人。
少年・青年漫画限定で意味不明に詳しい。
同名の整骨院の活動には関与していません